読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銭ゲバ大家、無情に非ず

 

アアラ、酷いねえ。アンタ、こりゃ酷いよ。まったく参っちゃうわよねえ、ここまでされちゃうと、サスガにねえ。たしかに入居するときに「好きに生活して構わないからね」と言ったのはワタシだけどねえ、限度ってもんがあるでしょう。ほら、壁もなんなのアレ。なんて書いてあるの。ワタシには「臓器ありがとう」って書いてあるように見えるんだけど、まさか「臓器ありがとう」だなんてねえ。ワタシだってもうすっかり老眼になっちまってるから、見間違いだとは思うけどねえ。ア、やっぱり「臓器ありがとう」って書いてあるのね。あんだけ大きく書かれてたら、いくら老眼とはいえど見えるもんだねえ。まあ臓器がありがたい気持ちはワタシにも分からなくもないけどねえ。ワタシだってほら、もう若くないから毎日のように病院行くようになっちゃったんだけどね、いろんな臓器悪くして分かるのよ。人間、臓器なくちゃやってけないってねえ。しかしねえ、借家の壁に書くもの? え? 鉛筆で書いたの? アンタ、鉛筆とはいえねえ、あれじゃあしっかり跡は残っちゃうでしょう。たとえうっすらであったとしても、「臓器ありがとう」って書いてあったと知られちゃマズいのよねえ。世間体ってものがあるでしょう。ちょっとアンタ、ミルクティー飲んでんじゃないわよ。人が文句つけてるんだから。ところでアンタ、床に無数の穴ぼこが明いてるのはアンタがやったわけ? そうよねえ、前ここに住んでらした方は床使わない人だったから、床に穴ぼこが明く筈がないのよねえ。しかも無数にねえ。アンタ、フローリングだってタダじゃないのよ、分かる? 分かるわよねえ、アンタだって立派な大人だものねえ。この穴ぼこの深さはどれくらいなの? それによって埋めるか、張り替えるかが変わってくるのよねえ。はやいとこ教えてくれないと。とことん深い? とことん? そうねえ、まいったわねえ。とことん深くちゃ、埋めた方がかえって費用がかかっちゃうかも知れないねえ。ウーン、一体どうしてなの? どういうわけがあって、借家の床をとことんまで掘っちゃったわけ? しかも無数にさあ。「モグラがちょっと……」ったってねえ。モグラのせいにするんじゃないわよ。そもそもアンタ、ここ動物の飼育は許してないんだよねえ。はじめに言わなかったっけねえ。そうよねえ、言ったわよねえ。「飼っていたのと違う」ってアンタ、嘘はよくないわよ。つまりじゃあなに、モグラが闖入してきて勝手に気が済むまで掘っていったってことなの? 床を? 外でもできることなのに? 違うわよねえ、おかしいものねえ。いや、「モグラが趣味でして……」って、そりゃアンタ、つまりは飼ってたってことでしょう? 駄目よ、言い逃れは。潔くないもの。男は潔くなくっちゃ。ワタシは潔い男が好き。それじゃあ、壁も床もアンタの勝手でこんなにしたってことでいいわね? そう。もうこの調子じゃあ、ふたつとも新調しなくちゃだから、お引越しするなら四兆万、ちゃんと耳揃えてワタシのところに持っておいで。そうでなくちゃ、棍棒でハチャメチャにしてやるんだから。痛いわよ、棍棒。無骨そのものなんだから。まったくもう。なにかにおうわね。そのミルクティー腐ってるんじゃないの。美味しいったって、アンタ。飲むのやめなさい。おなか壊しちゃってもいいわけ?

【短評】都市の駅

 

都市の駅はすり抜けるものだ。電車の乗降や、排泄や、仕事や、食事や、買い物をするところではない。ゴムの脳みそにウロウロ動かされている馬鹿や、鉛の如き体を引き摺る女や、油切れのブリキの老人や、往来の中心で立ち止まって手を振り振りサヨナラをするいかれた連中の間隙を必死で睨みつけて猫か蝿か突風に変身してすり抜けるところだ。別段急いてなくとも一定の速度を保って隙間を発見し左右しながら進むものである。その為、前方が突然大便のように詰まり、右にも左にも入り込む余地がない場合、速度を緩めることが能わず、他者の踵を巻き込むことになるが、その際にはおれは猫や蝿や突風から芝刈り機に形を変えることとなる。都市の駅ではともすると芝刈り機になってしまうおそれがあるので十分な注意が必要である。朝夕は芝刈り機への変身が増えて、おれはどうも心が擦れてしまうから、昼下がりや夜更け前を選んで改札に入るのだが、これは駅の利用が移動ではなくすり抜けることであるという、なによりの証左であろう。少なくとも、おれにとってはそうであり、渋谷駅で友人と待ち合わせをするときなどは、ハチ公へ向かっている間に、人々のホウ酸団子の渦に巻き込まれて正気を失い、待ち合わせのことはすっかり打ち忘れ、すり抜けることに躍起になってしまって、気がつくと待ち合わせの時刻に遅れるばかりか、終電すらも無くなっているということがしばしばである。別にすり抜けることがおれの至上の楽しみであるわけではないが、貧乏根性というか、せっかく都市の駅に来たのだから存分にすり抜けてやろうという悪心が我が頭を汚染して、ハイヒールの女とヨイヨイの老人や、口を開けて中天を覗くガキと笑っている若いつんぼの男や、ノロノロ転がる大きなゴム毬と昼食中のカマキリや、豚の番いの空隙を見つけ、するりと一陣の風となりて吹き抜ける度に、神から加点をされているような気分になる。正気に戻ってから思い返すと、天上で厳かに鎮座する神が人混みの中を必死の面魂でくぐり抜ける小男を見て、一点なり三点なり五点なりの札をあげるわけがありゃせんことは明白なのであるが、どうも、ひとたび駅に入ると、そうした勝ち敗けの世界であるように思えるのだ。

これまで都市の駅について、殊に都市の駅に於けるすり抜けについて述べてきた。すり抜けの勝負という立場から都市の駅を見ると、実に蠱惑的である。

しかし、都市の駅を評するにあたって、斯様な独善的な判断は禁物である。評価というのは公平でなくてはならん。然して、文学・音楽・映画・絵画・科学・化学・動物学・数学・語学などの、様々な観点から都市の駅を鑑みると、いずれの場合にもなにやら灰色がかった詮無いものとしてしか映らぬのである。従って、都市の駅は百点満点中、せいぜい十点くらいが適当であろう。この十という数字は、とはいえ都市の駅は移動に便利であるから、という個人的な同情の念を含めて割り出した数字である。

強烈なるフライングV

 

 

水曜の昼下がり、おれは尋常の通り出勤をした。おれ自身は尋常の通りであったのだが、ひとつ尋常でないことがあった。二階の事務所内を、一匹のトンボがパトカーの如き激しさで危険を訴えながら、白バイの如き鋭さでアチコチ飛び回っていたのだ。コンピューターと電話と紙面にかかり切りで、事務所に巣食う半魚人共はてんで気づいておらず、パッチリ二重のおれだけがトンボの軌道を追っていた。「今日はだめだぜ」「大安の水曜日は魔女の曜日よ」「魔女って、糞と豚の合いの子なのよ」「とんでもねえぜ! トンボでもねえぜ、ってな、ワハ」「狂ったチワワもいつもより来ることだしよ」「いやだわ」 おれには昆虫の雌雄が分からぬので、どちらでも対応できるように、言葉遣いをしっちゃかめっちゃかにしてあるが、ともかく、おれはトンボの言語を解するから、トンボの言うことならばなんでも聞き取れるのだ。これまで様々なトンボの声を聞いたが、大安の水曜が魔女の日であるとは知らなかった。最近できたばかりの決まりなのだろうか。しゃれている。蓋し、人間の間では流行らぬ考えだろう。中世であれば望みはあったかも分からぬが、我々現代人からすると、魔女というのは、あまりピンとこない。トンボの規則がトンボにしか通用しないように、最前のトンボの警告も、どうせトンボにしか通用せんであろうと思い、おれはさして気にせず階下の広間に向かった。映画館のアルバイトは楽々だ。とはいえ、やはり都心の映画館であればそうはいかぬだろう。なんとなれば、都心だから。然らば、地方へ行けば行くほど楽チンなのか、と思うやもしれんが、地方は地方で、そもそもの映画館の数が少ないから、カッペが雲集して大変らしいよ。おれは東京の都心からちょっと外れたシネコンが一等空いてると見ている。現に我が職場は、年の半分は閑古鳥が爆笑しているし、アルバイト同士は閑談をしている。
この大安の水曜日も例の如くであった。入場を待っている客は広間にチラホラ目につくばかりで、入場券を購う人もそのときは三人しかいなかった。数時間前からシャカリキを演じて退屈しきっている早番連中に目礼しつつ、おれは帳面を手にとって、映画の宣伝に関する情報を眺めていた。どうやら上のやつらは、誰が得するのかよく分からぬ新作映画のキャンペーンを行うらしい。あら、そう。人間は皆んな承知していると思うが、キャンペーンというものの正体とは、ちょっとのことでは家内から出てこない吝嗇のミドリガメや、無関心のバッタ、その辺の犬コロに向かって、細かくちぎった金銀をばら撒いて音を立て、どうにか注目を集めんとするお調子者である。必死の佯狂である。やつらは、はなから好事のトリケラトプスを相手にしていないし、無論トリケラトプス自身もそんなものには興味がない。彼らは金銀でなく、新鮮な草が食べたいのである。おれは、草食で襲われる見込みが少なく、又、映画という酔狂を好むトリケラトプスと友達になれば万事解決であると思うのだが、なんか、そうもいかないらしい。人間風情にゃよく分からん話か、などとパンク気取りで考えている折、「なんかー、生理がこないんですよねえ」と、おれの隣に立っていた年増の主婦のスタッフに向かって、ちょうど糞と豚の合いの子のような太った女学生のスタッフが一方的に話していたのが耳に入った。数人とはいえ客が近くにいる状況で、またぐらの話をしてるとは努々信じられなかったので、おれはウサギに変身した。白に灰色の混じったウサギである。「もしかしたら妊娠したかもなんですよねえ。生理が一日遅れてて……」「大丈夫? 最近具合わるかったりするの?」「いや多分、彼氏かなあ。やばい……」 ウサギに変身していたから、いつもより周囲の音がハッキリと聞こえた。おれの頭上で暖房が鳴っている。自動扉が開いて、閉まりかけて、再び開いた。女性用便所では今、六人が用を足していて、男性用便所は二人だ。館内を白蟻が闊歩している。地下ではもぐらがキリンジを歌っている。明日の方向から雨雲が迫ってきている。冬が軋み、春が地図を片手に近づいている。それと、やはりこの馬鹿は自らのまたぐら関係の話をしている! しかも、どこか殊勝げな声色である! この女は、気違いだ! おれは震えていた。いまのおれはウサギだから、多少敏感になってしまっているのかもしれないと、あわてて人間に戻ってみたが、依然震えたままであった。確かにあの気違い女のこれまでの発言や振るまいからは常に莫連の予感があって、おれは、まあ好きではないし気持ちわるいから関わらんでおこうと考えていた。しかし、いままでは震えが起こらなかった。きっとおれは、莫連自体にアレルギーを持っているわけではないのだ。つまり、おれは、気違いとその彼氏との漁色と肉慾の行為を想像して、慄いているのではなく、このとことんまでいかれてしまっている女の「彼氏との交わりが原因で妊娠って、かっちょいいでしょう。憧れるでしょう。アナーキーでロックンロールでしょう。私は強い女性の代表よ。その証拠に、今日はレディースデーじゃないの。1100円なのよ」とでも言いたげな口吻に怯懦していたのだ。それをなぜか子持ちの主婦にひけらかすという、いささか倒錯した手口も、より恐ろしい。いやしかし、こんな独りよがりの偏見で人を気違いだなんて言ってはだめだ…… たとえ、太り過ぎが原因か、年がら年中顔面に原理の分からぬ赤みが差していて、ミシュランマンにそっくりの体型をした女が、自分のまたぐらの話を割合大きな声でしていたとしてもだ!
おれはその後、自らの独善的な管見を恥じ入り、頭の中でトンボに不信の詫びを入れながら、静かに業務をこなして二十二時頃に退勤した。翌日も遅番のシフトが入っていたので、不承不承、電車を乗り継ぎ出勤をした。今日はミシュランの女はいない筈であるし、大したことは起こらないだろうと安心していた。予想通り、泰平無事で余裕があったので、遅番を同じくする男のスタッフと話をしていた。すると、彼が「そういえば、あの、妊娠の話聞いた?」とおれに言ってきたのだ。とりあえず知らんぷりをして、「や、知らないです」と応えたら、「いやね、何某さんがね、アレが遅れたとかで、妊娠したかもって話なんだけど、色んなところで色んな人にしてるらしくて、知ってるかなって」 おれは昨日、変に後手に回ったことを後悔した。あのいかれた莫連女はあらゆるところで自らのまたぐらの話を喋々しているというのだ。やはりあいつは、己の妊娠をロックンロールに於けるギターかフェミニズム躍進の為のカンフル剤かなにかだと思っていやがるのだ。気違いには気違いの理屈があるように、気違いには気違いのロックンロールがあるのだろう。否定はしない。おれには分からぬことだから。けれどもおれは、こういう人間を問答無用で牢屋に閉じ込められるようになりたいから王様になっちゃる。と、そう、決意した。

 

今日までの20枚

 


Cheetah EP / Aphex Twin
Since I Left You / The Avalanches
La Di Da Di / Battles
Midnite Vultures / Beck
Fantasma / Cornelius
Pelicans We / Cosmo Sheldrake
My Name Is Doug Hream Blunt / Doug Hream Blunt
空中キャンプ / Fishmans
Timbuktu / Issa Bagayogo
Are You Really Lost / Matias Aguayo
The Wisdom EP / Secret Mommy
Remain In Light / Talking Heads
Marquee Moon / Television
It's Album Time! / Todd Terje
Contra / Vampire Weekend
Yellow Magic Orchestra / Yellow Magic Orchestra
Life / 小沢健二
千のナイフ / 坂本龍一
RE DISTORTION / ハヌマーン
ゆらゆら帝国 Ⅲ / ゆらゆら帝国

 

 

上記は、完全に失明している消防士に選んで頂きました。

 

イエロウ

 

鬼という鬼が例外なく黄色になり、恰好がつかなくなってしまった。鬼は人々の笑いものになった。あれほど我々に怯懦していた弱虫どもが、我々のカラダの色が変わったからといって、なぜあれほどに威張れるのであろう。鬼たちは一様に、自らを鏡でとり囲み、反射した黄色のバケモノを笑った。そして黄色のバケモノが笑っていることに腹を立て、怒号を飛ばした。それから黄色のバケモノが必死でなんぞ叫んでいる様を見て、傴僂のように背中を丸めて大笑した。気が狂ったのだ。気違いになると、生き物は兇暴になる。無論鬼も兇暴になった。手当たり次第、猿を絞め殺し、猫を殴り殺し、蝶々を食べ、人に襲いかかった。しかしいくら兇暴といえど、気が違っているから、攻撃はメチャクチャである。ひたすら腕をぶん回しながら激突し、やたら雄叫びをあげるだけで、鬼気迫るものはあるが、鬼気迫っているから必ず強いという法もない。動物相手だったら歯止めの効かぬ腕力でどうにかなるかも分からぬが、武道を心得た人間にしてみれば、てんで格闘にならず、鬼たちは呆気なく空手の前に沈んだ。牢に入れられそうになり、這々の態で逃散した鬼は、皆んな符牒を合わせたかのように、山に籠りきりになってしまった。人目から離れて生活をやり直すというわけではない。気の触れた鬼が、そんなに健気である筈がない。鬼は銘々湿った木下闇で膝を抱え、こんな筈じゃなかっただとか、羸弱な人間などに負けるとは慚愧に堪えないだとか、空手めだとか、なぜおれたち鬼は黄色にだとか、ボソボソと呪詛の如く呟いているばかりであった。
次第に世情は変わってきた。黄色の鬼どものうらみつらみが堆積し、浮世に漂う窮窟な空気たるや。珍奇な黄色のカラダをしていても、鬼とだけあってその影響は凄まじく、海は濁り、魚は痩け、花々はただならぬ異臭を放ち、空は厚い雲に覆われ、蜂は常住坐臥嘔吐し続け、老人は寝たきりになり、子供は爬虫類の眼をして、ともかく散々であった。
黄色の鬼は恨むだけで、食糧を得る能がなかったから、やがて衰弱して絶滅した。しかし鬼の怨念は未だ衰えず、浮世を益々わるくした。海からは波が消えて、汚いゼリーになった。魚は痩けに痩け、糸のようになった後、無くなった。花々は腐り、太陽は無くなった。蜂は嘔吐を苦にして自殺した。老人も子供も青年も中年も、太陽が無くなったせいで、凍りついた。もう、どうにもならぬ。お祓いもまったく効かぬ。地球は、とうに終わってしまったのだ。

熊のコダワリ

 

こうじゃあ、いけないよなあ。おれが尋常の通り山道を歩く。人とバッタリと出くわす。あまりに唐突なことで半狂乱。食らう。こうじゃあ、いかん。どうしてかは分からんけど、ちょっと具合がわるいよなあ。おれがサッサと山道を歩く。人とバッタリ出くわす。さも意味ありげに肯く。向こうも厳しい顔で肯く。こうじゃなきゃなあ。どうもなあ。あんまりだよなあ。

狂人演説

 

 

人間は考える葦であるという。葦であるわけはいまひとつ思いつかないが、人間は考える葦であるという言葉には、そういうならそうなのであろうと納得してしまうような迫力がある。あまりジタバタしない方がいいぞと、アイスピックと包丁と果物ナイフを一斉に突きつけられている気分になる。しかし、気分はあくまで気分で、爆弾を抱えた気違いに出くわした場合に、気分なんてとるに足らぬものであり、重要なのは己の肉体のみということになる。轍鮒の急に於いて、気分を優先する者はひとりとしておらぬ。轍鮒の急のさなか、我々は既に鮒であり、鮒には気分なんて夾雑物はなく、ただ如何にして生きるか、如何にして泳ぐかということだけがアタマにある。鮒に限らず、魚は皆んなそうである。それだから、あれほど強靭な生命力を持ちうるのだ。
生きるということを、一徹に考え、死を克服する。これこそが、考える葦の急務であり、生きる姿勢だとか、死への恐怖だとか、そういうものは、一時おれが預かっておく。哲学はオモチャだ。オモチャは仕事を終えてから構ってやればいいわけで、オモチャに拘泥して、それで死んでしまっては元も子もないではないか。先ずはじめに、魚の如く、鮒の如くに生き抜くことだけを思い、不死を得てからオモチャで遊べばよい。おれとて、オモチャの美点に気づいていないわけではない。オモチャは素晴らしい。投げてもいいし、蹴ってもいい。球ばかりではなく、オモチャはなんでも投げてもいいし、蹴ってもいいのだ。ヤマアラシがオモチャにならぬ理由はそこにある。全身を覆う針のせいで、投げても痛いし、蹴っても痛い。これでは、投げるのも、蹴るのもままならぬ。ヤマアラシはオモチャには向いてない。しかし、ヤマアラシは、仕事でもない。ヤマアラシの仕事なんて、思いつかない。だから、ヤマアラシは、なんでもない。ヤマアラシはなんでもないのだ。しかし、数えきれぬほどの針が生えているのは、恰好いい。鮒はカラダに針は生えてはおらぬが、恰好いい。なぜなら、死なぬからだ。全身に針を生やすか、死を超越するか、どちらを取るかは各人に任せるが、おれは全身に針を生やした上で、死ななかったら、いいと思う。あとおれは電車が好きだ。街の間を驀進し、朝と共に走り、昼をすり抜け、夜を切り裂く。おれもかくの如くありたいと思う。なぜなら、電車は死なぬからだ。故障し、走り得ず、錆びて、放棄されていても、電車は死んではいないのだ。電車の目は炯々と尖り、電車の魂はその堅牢な車体の裡に鎮座し、絶えず燃え続けているのだ。Bang! Bang! Bang! おれはいきなりピストルを三度撃つ。